マスダゴルフ

マスダゴルフ STUDIO Wedge M425

2013年つるやオープンで、男子レギュラーツアー初のエージシュート達成「62」。「スタジオウェッジ M425」は、その際に使用されたプロトタイプウェッジをベースに製作されました。

国内の製造工場で作られた純国産軟鉄鍛造。
あらゆる状況で、多彩な技のイメージが沸く、グースネックを採用したヘッド形状。プロのリクエストに応え、これまでの技術を結集した結果、生まれた高機能ウェッジです。

鉄の持つ重厚な存在感を発散し、ゴルファーの感性や美意識に訴えかけます。
マスダゴルフにしか出せない、濃密な雰囲気を感じてください。




※こちらの商品は好評につき発送まで約14営業日後の発送となります。
 

30,580(税込)

数量

ヘッド ロフト角

シャフト

【スペック表】

【ウエッジへの想い】

マスダゴルフは、一人のデザイナーがトータルなイメージを作っている良さがあると思ってます。
ゴルフ場の中に似合うものでなければならないし、存在感がないといけない。そういう意味では、存在感が抜群のウェッジです。
分厚い、奥行きのある感じが表現できて、無骨な鉄の質感が出せてると思います。

構えた時に、いかにも風に強そうな重い弾道のイメージが沸きます。
そのイメージ通りに低めの弾道でゆっくり飛んでいきます。
見た目のイメージと弾道が合うように作っています。

グースネックなんですが、ソフトステンレス製の<Type-G>ウェッジが、シャープな切れ味だとすると、豪快なブルトーザーのようなイメージです。

もちろん、開いても使えるし、色んなテクニックが活かせるようになっている多機能ウェッジです。
ベアグラウンドからロブショットを打つことも、このウェッジなら可能なんです。

構えた時に、太いターゲットラインがイメージできるように設計しています。
ライン通りにまっすぐ打ち出して欲しいですね。寄せるんじゃなくて、強い球でカップインを狙うような。
ジャンボさんがそうであるようにです。

そんなプレーを可能にしてくれるウェッジですね。

【グースネックへのこだわり】

FP値2mmという強いグースネック。
グースのメリットは、ラインが出しやすいこと。「M425」は構えた時の肉厚な印象からより太いターゲットラインをイメージできます。

ソールが先に接地しやすく、日本の芝質に強いのもメリットです。
低く抑えた弾道を打つのも容易です。

それに加え、フェースを開いても扱えるように工夫を施しています。
現在、グースネックウェッジのラインナップは、市場でもあまり見かけませんが、「M425」は現代風に正統進化したグースウェッジです。